2021年1月27日水曜日

今年の節分は2月2日



こんな記事を見つけました。

おいなさんは金運をもたらしてくれるそうです。


恵方巻のルーツは江戸から明治にかけて、大阪の花街で節分に商売繁盛を願って、「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」を食べたことにあるんだよ。それにならって、某大手コンビニが節分に太巻き寿司を「恵方巻」と名づけて販売するようになって流行り出したんだね。


でも風水的に、節分に食べて運気が上がるのは、恵方巻じゃなくていなり寿司。そもそも黄金色に輝き、俵型をしているいなり寿司には、金運アップのパワーがある。豆まきをして厄を祓った家に金運を呼び込むには、いなり寿司を食べること。


コパ家では節分に限らず、月に数回はいなり寿司を食べているんだよ。手づくりするのが大変なら、総菜のいなり寿司でもいいから月に何回かは食べるようにしようね。

豆撰オンラインショップでありがとう米とおいなりさんの皮期間限定販売しています!

皆様ぜひお取り寄せください❗️


2021年1月26日火曜日

命みじかし

 今年に入ってまだ一月なのに

若い人の死が続く

皆ひとり暮らしの人だ。

ひとり暮らしだと発見が遅くなる。

家族があって家族に囲まれて生まれても

いつまでもその家族と過ごすことはない。

家族構成は変わっていく。


親族だけの通夜に行く。

祭壇の遺影は優しい眼差しで

参列者に語りかけている

棺の中の彼は眠っているようだ

母が待っているから安心しているのだろう

鐘の音が響くたびにあちらの世界に

「蓮の花のように生きたい」の本を持って

逝った。

生前に何もしてやれなかったことを

後悔する。


 



2021年1月21日木曜日

マイナス7℃



 今年一番の冷え込み

マイナス7℃で給湯器が凍ってしまったらしい。

水道は大丈夫だから、お湯を沸かして

朝ごはん支度にかからなければならない。

子供の頃を思い出す。

祖母は大鍋をひなたに(囲炉裏)かけて薪で

お湯を沸かしてくれる。

洗面器にお湯と水が入る。私は顔をあったかいタ

オルで拭いてもらった。

着替えの服は寝る前に豆炭コタツにかけられ温め

られている。寒い部屋で着替えるけれど

洋服はぬくぬくで気持ちがよかった。

朝ごはんといえば大根と塩鮭でコトコト煮た

ベタ煮か煮菜だった。

今では夫のお得意料理のひとつになっている。

不便だったはずだが懐かしい思い出である。





2021年1月19日火曜日

母を思う

 たらの煮付けをしてから

母を思う日々が続く。

母は手の利く人だったから、子供の頃の洋服や

着物、手袋からマフラーまで手づくりのものを私

はまとっていた。特に修学旅行に着ていくワンピ

ースは一番のお気に入りだった。襟にはレースを

使ってもらった。

冬は朝早くから山の家から坂道の雪道つけをして

いた。毛温に山傘スタイルだ。

母の手はあかぎれで真っ赤に腫れていた。

父が逝ってから、すぐに認知症になった。

ようやく親孝行ができる時が来たのに、それから

脳梗塞で倒れてしまった。コロナで見舞うことも

できず、

きっと私のことも忘れているだろうと思うと

切なくなる。


2021年1月18日月曜日

いつかきっと 

 


















 昭和38年

私は9歳だった。

毎日毎日雪はやまずに降り続き

父と母は毎日屋根の雪下ろしをしていた。

屋根から下した雪の山は屋根の高さほどある。

玄関から外に出るには雪の階段を上る。


たった66年生きてきただけなのに

大雪、台風、地震、津波、コロナと続いている。

天国から父は

「礼子、がんばれ!」と言っている。

 


 

 

 

 

2021年1月16日土曜日

くまのコールテンくん



 孫はキラキラとかピンクが大好きな女の子です。

それはそれで好みですから

私も「ステキね」と言います。

まだ3歳半の孫にステキなものは、見かけでもな

く、心の中にも

あることをうまくお話してやることはなかなか

難しい。

そこでお友達の絵本セラピストさんおすすめの一

冊を思い出し読んでみました。

新品ではないくまのぬいぐるみのコールテンくん

のズボンの肩紐ボタンが取れていました。

他のぬいぐるみと一緒にお店に飾ってあります。

ある日ひとりの女の子リサちゃんがコールテンを

見つけ欲しくなります。

リサちゃんは自分の貯金箱からお金を出して

コールテンを買いに行きます。

そしておうちに連れて行きズボンのボタンをつけ

てやりました。コールテンとリサちゃんはお友達

になると言うお話です。

この「くまのコールテン」のお話をビデオに

とりました。

今孫はこの意味がわからなくても、きっと

大きくなって、思い出しくれたらいいと思う

ババなのです。


2021年1月15日金曜日

初夢のお菓子をいただく





 今年の初釜は大雪のために中止でした。

コロナの心配もあり、会食は駄目にっなたので

す。楽しいことは次々と中止です。

でも昨日ふたりだけの参加者の初稽古がありまし

た。私は炭手前を初めて教えてもらいました。

炭の名前もたくさんあって全然覚えていません。

どう炭、輪炭、???火箸の名前籠の名前??

お茶のお稽古をする度に、ものには全て名前があ

ることを知る。日本人なのに!情けないほど日本

語を知らない。お茶の世界はやっぱり宇宙のよう

だ。

お稽古での楽しみはお菓子である。

初めていただいた「初夢」のお菓子は茄子に

雪を見立てた砂糖がまぶしてある。干し柿のよう

な感じである。封をきったばかりのお抹茶の香り

は今年初めていただく平和な味がした。お茶を

口に含むと、私の頭も心も全てのことを忘れて

その味だけを楽しむことができた。