2019年6月17日月曜日

生きがい

いろんな人が
いろんな書物が
老人の生きがいについてのべている

心の中が曇ったり
空っぽになるなんてことなかった

仕事が山済みされているのに
書類がたまっているのに

活字が読めない
意味が分からない

困ったものだ

生きがい探しをしなければならない
そんあ年になったようだ・・・・・・。




2019年6月16日日曜日

義母は子供のころから守門岳のふもとまで
炭焼きに通っていたそうです。
義母の父親は渓流でイワナを釣って
炭焼き小屋でイワナを焼き食べさせてくれたと
懐かしそうに、そして美味しかったと
目を輝かせて話してくれました。

太陽を浴び、山道を歩き
炭を背負う義母
骨が丈夫になるの当たり前のことだった。

だから義母は転ぶことはあっても
大腿骨骨折などすることはなかった。
義母の骨は太く、足の先から頭蓋骨まで
しっかりとした形を残していました。

私といえば
歩くことも少なく
鍛えることもなく

これで何度目のあばら骨にひびが入ったことか・・・・・・。
寝返りするたびに、咳をするたびに痛さで目が覚める。





2019年6月14日金曜日

豆撰夏のパンフ完成しました!

 


 


令和初のパンフ完成しました。


お客様に喜んでもらえる企画、
豆撰が伝えたいものをは何か考え、悩んで作りました。

栃尾の油揚げと言っても
昔ながらの「生搾り」製法や手揚げは
豆撰だけです。
機械化の時代の中であえて
一枚一枚丁寧に手揚げしています。

豆撰の油揚げ作りと同じく
豆撰の思いを込め一生懸命手作りしたパンフです。

もうじき、お手元に届くと思います。
ぜひご覧ください。
また、パンフご希望の方はお電話ください。
0258-53-2014まで



2019年6月12日水曜日

義母のお葬式を終えて・・・・・・。

6月7日0時12分義母は夫と私に永遠のさようならをしました。

6月1日から食欲がなく、やわらかいもの、水分補給をしたものの
回復せず、3日かかりつけの個人病院へ行く。
腎臓の数値が悪いからと5日分の抗生剤をもらう。
一向に改善することなく

その間もひとりでベッドから居間迄歩く。
6日デーサービスに歩いて行く。
食事は半分ほど食したと記録あり。
疲れたとベッドで休む。
夕飯になり、声をかけると
おなかが痛いという。
いつもとは違う。

救急車を呼び
日赤に向かう
おなかが痛いという・・・・・・。
検査途中に意識は薄れていく。

6日、20時30分から7日0時12分
人生初の入院はたったの4時間であった。

義母は子供が大好き、動物が大好き、花が大好きだった。
すべてのものこの世のものを愛しむ人だった。
だから愛された。

享年95歳。

40年間義母と暮らした。
鬼嫁日記も終わってしまった。
今度書くときはありがとう日記になるだろう。

義母の手も足も男のように太く大きかった。

2019年6月5日水曜日

豆撰 山の家オカリナコンサートとキルト展


人との出会いは不思議です。

原田きみ子さんとの出会いは
杤尾郷人会に誘っていただいたご縁です。

ご主人は建築家で
とても素敵なハイカラさんご夫婦でした。

きみ子さんの作品の数々を
携帯の写真で見せてもらうと
すごい‼
50年もやっておられたとのこと。
この山の家で展示してください。とお願いする。

するとオカリナ奏者のお友達がいるから
ご紹介しましょうかとおっしゃってくださった。

東京にお住まい。いろいろな施設でボランティアコンサートを
なさっている。
素晴らしいお二人です。

まだお会いしていませんが
ワクワクドキドキしています。

6月23日 山の家にて開催いたします。
駐車場は豆撰。豆撰から徒歩5分くらいです。
お昼をご用意いたします。
愉しみ、仲間と語らうことができたらいい
いきぬき企画です。

お申し込みは豆撰まで 0258-53-2014










2019年6月4日火曜日

義母の具合が悪く

二日前から食欲がなく
目はくぼみ、腕も足も骨に革が張り付いているだけ。
イチゴとメロンをミキサーにかけて
おかゆに梅干し
それでも一口しか食べない

私が東京だったので
夫が病院へ連れていく。
膀胱炎だった。
水分不足である。

高齢だ。
何が起きても不思議ではない。



2019年6月3日月曜日

今日は東京へ行きます。



今日は久しぶりの休暇です。
気の合ったお友達と東京へ行きます。


ワクワク、ドキドキの日帰り旅。
興奮したのかな朝早くに目が覚めてしまいました。

子供のころから変わりません。
嬉しいことがあると、早く目が覚めるのです。