2019年4月23日火曜日

かぐや姫をみつけに








豆撰の山の家の裏は竹林です。



土の中から三角帽子の頭が見えます。

大人の竹たちは頭をちょん切られている。

雪深い地域の特徴です。

雪の重みで竹が転ぶのを防ぐためです。

私の祖母はかぐや姫の話をよく語ってくれました。

結末の別れの場面になると

私は泣くのです・・・・・・。

「かぐや姫、かえらんで」




初物
タケノコとあぶらげの煮物







2019年4月21日日曜日

4月21日から5月12日まで豆撰にてお人形展開催!





 
 
懐かしい風景に心が和むことでしょう
 
ご自由にご覧いただけます
 
 
見学時間は11時から15時
 
 
お問い合わせは
 
0258-53-2014
 
 
4/24は大正琴コンサートもございます。
 
お弁当にお菓子付きです。
 
皆様のお越しをお待ちしております。
 
 
 
 

2019年4月18日木曜日

杤尾の春祭り 「からす天狗はとても怖かった」







今年は4月29日に栃尾の春祭り大名行列です。
この行列の中で一番怖くて、一番優しく、一番人気者は
この写真の烏天狗です。
 
子供たちに飴を配ってくれます。
幼い私は母の後ろに隠れて、そっと手だけを差しだす。
 
まるで「てぶくろをかいに」の子狐のように・・・・・。
遠い、遠い、懐かしい想い出が一年に一度よみがえります。

ぜひ皆様 栃尾の春祭りにお越しください。
杤尾寿司弁当、アツアツ油揚げ定食、サラメシ記念豆乳カレーを
ご用意しております。

杉野シズ人形展は4/21から5/12まで豆撰山の家にて開催いたします。
お気軽にお越しください。





2019年4月17日水曜日

若大将がやってきました。





豆撰の自慢は15人中5人の若き獅子たちの存在です。

時々工場の様子を垣間見るおばさん。

新人だったはずのTさんは生地を切る。その手際の良さに若さを感じる。

お人形様のような瞳の入社3年目を迎えるR1ちゃんはベテランのように油揚げを

大きな箸で返す。まるで、紀平梨花ちゃんのトリプルアクセルのようです。

お店の接客がお得意のR2ちゃん。いつも笑顔いっぱい、元気いっぱいです。

私と一緒にホームページ、オンラインショップを頑張っているSちゃん。

もうじき皆様にお届けする「健康に良く、心温まる豆撰の油揚げ」パンフは

Sちゃんの製作です。

そこに、もう一人の若者が加わりました。

社長の息子です。つまり私の甥っ子ということです。

社長から、同年齢なのに先輩のkさんから、美味しい豆乳の作り方を

勉強中です。

ということでなんと15人中6人は20代の若者ということです。

豆撰には若き獅子たちが頑張っています。

皆様是非是非応援のほどよろしくお願い申し上げます。



写真は平地区の公園で鬼ごっこを楽しむ子供たちです。

杤尾は桜満開です。


4/21から5/12までは豆撰山の家にて「杉野シズ」さんの人形展を開催いたします。

駐車場は豆撰に!

入場無料です。お気軽にお立ちよりください。

お問い合わせは豆撰に 0258-53-2014





2019年4月15日月曜日

おからの肥料で作った春菜「カワナガレ」は故郷の味。





豆撰のおからの再利用で、有機肥料ができます。


このおからの肥料で作った、安心安全な春菜「カワナガレ」

おひたしにもよし。

お味噌汁にもよし。

豆撰の油揚げをきざみ、ごま油と炒めたら

最高に美味しい懐かしい味になります。


本日、オンラインショップにてご注文いただいた方に

5名様限定で商品と一緒にお届けいたします。

2019年4月13日土曜日

花の季節は心の風通しができます。





朝一番は豆撰の常連お客様、ツーリングの3人の若者でした❓

長岡から豆撰に、そして村松のお花見だそうです。

その途中でおやつかしら、

ふきのとうみそたれ栃尾の油揚げを一枚づつぺろりと

食べていただきました。

元気が出るように豆乳を飲んでいただきました。

豆撰では土曜日、日曜日に豆乳サービスしております。







花桃の里では、桜がとてもきれいに咲いています。

ご近所さんとおしゃべりしました。

かぐらなんばんと自然薯を作っているそうです。

秋になったら、油揚げと一緒に送りましょう!

桜の花の下でお喋りの花が咲きました。

いい風がふいて、心の風通しもよくなった、朝の出会いでした。






2019年4月11日木曜日

男の料理に便利な冷凍豆撰の油揚げ


今朝、叔父に湯飲み茶わんの発注をする。
叔父は小出でお茶の卸と小売りを代々続けています。
仕事一筋の合間に、クレパスで絵を描きます。
主に静物画ですが、風合いがとても素敵で、私は何点か
いただいています。
そろそろ、タケノコの絵を出さなければと思っています。
その叔父が連れ合いを亡くして早15年です。
包丁など手にしたことのなかったはずの叔父がいいました。
「俺もね、ちょっとは料理するんだよ。
豆撰の油揚げを開いて、
ネギとみそを挟んだり・・・美味しいね」
「それと、冷凍にしておくと本当に便利だね、
半解凍だと上手に細切れができるよ」
男の簡単料理に豆撰の油揚げは重宝しているようです。