2018年4月25日水曜日

豆撰から1時間30分くらい「北方文化博物館」へ

 
 
pl k

 

豆撰から新津に向かいます。昨日は雨模様の一日でした。
新津から10分くらい走るとその一角の門構えから敷地の広さが
うかがえます。
正面の奥に樹齢150年、一本の木から広がる大藤が見えます。

後1週間もすれば見事な藤棚になったであろうと想像をしながら
豪農の館に入ります。
江戸時代中期、越後随一の大地主(伊藤家)の館です。
明治15年から8年間を要して建てられたこの豪邸には
魅せられるものがたくさんありました。
台所、大広間、茶の間そして庭園などはまるでお城のような広さです。
小作人の数は2800人とか、このお屋敷で働いていた人数はなんと50人。
一日に炊く米は1俵とはびっくりでした。
柱、天井、式台はすべて欅造りです。座敷を囲む廊下に柱が一本もないのにも
びっくりです。庭の景観を損なわない建築とその財力に驚かされます。
二階から見下ろす、下野の広い事、まるでお城のような感じです。
そして、そこから眺める藤棚の豪快さ。
屋敷のまわりにはいくつもの茶室。そのなかでもちょっと
変わった建物、三楽亭は三角形の 風変わりな茶室兼書斎がありました。
この日は
藤棚が長くたれ、紫の神秘的な世界を堪能するはずでしたが
それはかないませんでした。それでもこの館は新潟を訪れる方々に
ぜひご覧いただきたい歴史ある博物館だと思いました。
次回は紅葉のころ訪れてみようか

このGW新潟にお越しの皆様、栃尾にお越しの皆様、
新潟の歴史豪農の館「北方文化博物館」はおすすめです。



2018年4月22日日曜日

栃尾地区栄町「花ももの郷栃尾」


 
 


今日は朝から花火山「鳩峰」から元気な歌声が豆撰まで聞こえてきました。
「花ももの郷栃尾」の会のみなさん大集合の花ももまつりです。

花もも は鮮やかなピンクと紅色、先日訪れた時に比べて、桜は葉桜です。カタクリの代わりにチゴユリが群生していてびっくりしました。

チゴユリをカメラに収めようと腰を低くうつぶせ状態になり、いっぱしのカメラマンの
ように恰好だけつけて・・・・・・。
上りきったところで、ポケットに携帯がない!ことに気がつき、
坂道を戻る。やっぱりチゴユリのところに落ちていました。
汗だく!
さて、今日は豆撰の豆腐とあぶらげも参加。というのは会の人たちが大きな
鍋に具だくさんの味噌汁を作って、花ももをご覧の方々にふるまっているのです。
その味噌汁のお仲間入りをさせていただいたというわけです。
見覚えのあるおばさんから「れいこちゃんかの、かずこちゃんかの」と問われ
「礼子です」と答える私も初老おばさん。年老いた顔を互いに見つめ合い大笑い。
「孫が作ったおにぎりだから、一緒にどうぞ」と声をかけてくださったのは、
豆撰のお隣さん。私はちゃっかりおにぎりをいただき、写真撮影はそっちのけでした。
懐かしい顔がいっぱいで花ももからたくさんの元気をいただき、
豆撰に戻ったというわけです。
すると、豆撰にはたくさんのお客様。栃尾の油揚げ定食と栃尾寿司弁当を作るお手伝いを
しながら、お客様に栃尾の油揚げを運びます。
先ほどいただいたばかりの花ももパンフをコピーして
花ももの宣伝をし、とにかく初老おばさんは忙しく、疲れてしまいました。とさ。
えっちごさっかい。




2018年4月21日土曜日

栃尾の油揚げを食べよう! GWは豆撰へ


栃尾の油揚げを食べにきてください!
栃尾の油揚げ定食、栃尾寿司お弁当、豆乳アイスクリーム 、あぶらげコロッケ、
ざる豆腐白和え、塩麹でつくったおから、
栃尾だんご、あぶらげロール巻きなどたくさんの栃尾の油揚げ御惣菜が豆撰に並んでいます。









豆撰から5分で行ける、花桃の里からは栃尾の街が一望できます。
ちょっと足をのばして秋葉神社、諏訪神社、城山上りはいかがでしょうか。
雁木とおりをぶらぶら歩くのも情緒があります。


栃尾寿司お弁当をもって栃尾散策はいかがでしょうか。
「おいらこの湯」温泉もあります。

4/29日は諏訪神社春季大名行列のお知らせ

諏訪神社の大名行列は「大名行列」でありながら大名の姿はなく、神官・御神輿を中心にして左右大臣を頭に鉄砲・弓などのほか、天狗・神楽など神事と公達・武士・庶民が一体となった形を取ります。総勢600余名、長さ300mを超える大名行列が、春風の心地よい市街地を巡り、諏訪神社に戻ると神輿・太鼓などの「舞い込み」が始まり、勇壮・荘厳な祭りの最後を締めくくります。また、大祭前夜には谷内通りに露店が並びおおいに賑わいます。

2018年4月20日金曜日

家族はつらいよ

映画「家族はつらいよ2」を観る。
なかなか楽しい家族である。
つらい場面のはずが、なぜか笑ってしまう。
最初から最後まで喜劇的で面白い。
特に長男を演じる西村さんはユニークな存在である。
長男の嫁夏川結衣さん……この女優さんと同じ名前の家族がいることを発見し
親しみが増す。
長女はどこにでもいそうなおばさんである。
その婿殿の役林家さんはこの映画の中では私からは助演男優賞をあげたい。
血のつながりがないのに、ちゃんと家族の仲間入りをしていて、
存在感がないようでいて、家族に溶け込んでいる。
次男を演じる妻夫木さんはクールに振舞っているが、
結局は長男と同じで、どこか頼りなさを感じさせる。
その嫁役蒼井さんは家族にとっては新人である。若さは宝物である。
嫁と婿は血のつながりがないのに家族になる。これまた、摩訶不思議なことである。
つまり家族とは、血のつながりがない者同士から生まれるようだ。
家族からはみだした老人を演じる小林さんの演技に家族のありがたさ、つながりの大切をあらためて感じさせているようだが、友人の死を受け止める主人公橋爪さんの場面は雑だったことが残念だ。ここはもう少し丁寧であってほしかった。
この映画の中の家族とは同居に限らない構成で表現をしている。
なるほど、今は核家族、ひとり暮らしが主流だから
家族の枠は一族に変わったのだろうか。
家族の長が生きていることも重要であると思いながら
亡き父を思い出す。
わがままで、寂しがりやで、怒ってばかりの父に振り回されていたが
それも家族だから許されたのであろう。

さて、我が家族といえば、(嫁を主人公に考えると)
思い通りにならないことがほとんどである。
365日中半分は我慢の生活である。
しかも、他人同士が一緒に一つ屋根の下で、
38年以上一緒に暮らしているのである。

家族はつらいよ……違うでしょ!嫁はつらいよにタイトル変更を願いたいようだ。













2018年4月18日水曜日

雪と桜と新緑を同時に楽しむ初老夫婦




栃尾から抜け出して、
松之山温泉へ行ってきました。
栃尾から車で1時間45分くらいです。
山を越え里を越え、トンネルを越えて
高速道路や新幹線では味合うことのできない
風景を見ながら走るのは久しぶり。
十日町あたりでは、まだまだ田んぼに雪が残っていました。
それなのに、見渡す山々は新緑です。
今年は雪と桜と新緑を同時に楽しむことができ、
ずいぶん得をした気分です。
私有地なのに一般公開している高橋組さんの桜を見て
桜のトンネルを歩く気分はいいものです。
また、田んぼ道に一本咲いている桜も、
山の上の民家の畑に咲く桜も、まるで昔話から飛び出したように
映るのです。


せっかく温泉地に来たのですから、ランチとお風呂を楽しむことにしました。
お風呂は天然かけ流し、お湯の温度は熱めでした。
先客の初老婦人から声をかけられ、話が弾みました。
老後の楽しみは温泉にあり・・・・・・。
栃尾の温泉「おいらこの湯」を紹介し、栃尾をアピール。
ついでに栃尾の油揚げの宣伝もちゃっかりしました。
豆撰で働いていますって・・・・・・。



2018年4月17日火曜日

新芽が優しい季節なのに

孫は9ヶ月になります。日に日に成長していきます。
画面と画面のつながりは平面です。
手を差し伸べても抱っこはできません。
人差し指を画面に向けても、タッチはできません。
それでも、画面の向こうで笑ったり、目を細め、鼻にしわを寄せた「いい顔」をしてみせます。最近はバンザイを覚えたようです。
何回もバンザイを見せてくれます。イタリアからの画面付き会話は
夢の世界です。

私が起きるとすぐに起きてきて活動します。
まるで多動児のようです。
同じ行動を繰り返すのです。
押入れを開けて、冷凍庫を開けて、廊下と部屋の往復。
稼ぎ手で一家の主婦として、最近まで頑張っていたからです。
食後に飲んだ薬を飲んでいないと思い、「今日は薬は飲まなくていいか?」と
聞きます。それも数回押し問答を繰り返すのです。
仕方がないのです。93歳ですから……。
これが現実の世界です。

夢の世界と現実の世界を毎日毎日彷徨っている私。
ちょっとため息。

ぼやくことはストレス解消でした。


2018年4月14日土曜日

目覚め

目がさめると、時計を見ます。
大抵4時前です。
もっとゆっくり眠っていたいのに、歳のせいか早く目覚めてしまいます。

それでも
目が覚めてホッとするのです。
電話が夜中にならなかったからです。母は無事だったと・・・・・・。
次に、おとなりさんを起こさないように
枕元の携帯とメガネをとるのですが
いつも、携帯かメガネは落ちるのです。ガタンと大きな音。
それから、そっと、音をたてないように
携帯を開く私。

桜を見る子供たちの
なんとも、ほのぼのとした一枚は夫の撮影写真。


母とお花見をいっぱいしました。
秋葉公園、大野園、小学校の跡地、刈谷田ダム、城山
たくさん、たくさん行きましたね。

もう一緒に行くことはできませんね。
かあちゃん。