2018年6月15日金曜日

ピアノの音色 「羊と鋼の森」

原作は本屋大賞受賞「羊と鋼の森」
雰囲気は頭の中で想像するのですが、実際に画像で物語を追うかたちになると、
なんとも情けないほど、原作を忘れていました。
それはそれでよかったかもしれない。
主役の俳優山崎賢人さんは、これからが楽しみな若い俳優さんでした。
ピアニストを目指す姉妹の陽と陰もいい感じでした。
ふたり姉妹の反発し合いながらも、妹は姉の孤独を支えるというラストに思わず涙が溢れました。私自身と妹を重ねたのでしょうか。
この映画も、いえ最近の映画に、いい役どころで顔をのぞかせている三浦友和さんの
存在も重厚感があり、若い頃から見ると、諦めない努力を感じさせる。この映画のテーマそのもののようである。彼の台詞にある詩そのものでした。
ピアノの音色に心が癒される。昔私もこの曲に挑戦したことがあったと自分の過去の
余韻に浸る場面もあった。エンディングのピアノは特に心に響く。このラストがこの映画を締めくくっているようだった。
映画はどの映画も私にとっては新鮮で新たな想いを伝えてくれる。
本は本で想像力を与えてくれる。
今回の映画は本からはじまりました。どうしても観たかった映画でした。
私流の映画の味方は、真っ白な状態で楽しむことかもしれません。
森から世界へ届くように。





2018年6月7日木曜日

私のピアノ

買ってもらったのは今から43年前でした。
壊れてしまったのは・・・・・・。


成人式には振袖はいりません。だからピアノを買ってください。と父にお願いしました。
保育園で子供たちと一緒に遊ぶための大切な私の楽器でした。
それから、ピアノは私の生活の一部となりました。ピアノの引っ越しは3回もありました。
楽譜を読むのも一苦労です。保育園につとめてからもレッスンに通い続けました。
ピアノの練習は朝と夜の2時間くらい続けました。
娘が生まれても、ずいぶん練習を重ねました。今から思うと良く頑張ったものだと自分を
褒めてやりたくなります。
そして、ピアノと過ごした15年の歳月は終了し、豆撰で働くことになるのです。
あぶらげを揚げ、工場のお掃除をし、午後からは伝票つくり、荷物つくりで全く休む暇などありませんでした。
若いって本当に頑張れるものだと思います。

それから2004年7月13日の中越大豪雨の日の出来事は今でも忘れられません。
我が家が私と夫の目の前で土砂に倒されてしまったのですから、その後、暑い日が続きました。
我が家の瓦礫撤退作業の日。
倒壊した瓦礫の中からクレーンで運ばれた
私のピアノは形がなく、鍵盤だけが悲しく怒ったように波を打っていました。
「やめてください」と心の中で叫びました。
20歳から35歳まで私の体の一部だったピアノの姿はあわれで悲しくって
家が壊れた時よりも、涙があふれたことを覚えています。

6/30には栃尾キリスト教会様のおかげで、栃尾第二回被爆ピアノコンサートを
開催します。原爆という恐怖のなかで、生き延びたピアノたちに想いを馳せながら
私は私のピアノを想いだしています。





2018年6月6日水曜日

栃尾を歩きませんか

栃尾自慢市の終わったあと
刈谷田川上流に向かい
宮沢橋付近を散策しました。
夕日が山に沈みそうな、その瞬間でした。

遠くの家並みはほんのり夕日色にそまっています。
車から降りると、
アザミの花が私を誘うのです。
川の流れに心が癒され
しばらくたたずむ私。




2018年6月2日土曜日

6月3日はとちお自慢市です!豆撰にもお越しください!

とちおの自慢は緑豊かな自然と水。
そして栃尾の名物といえば「栃尾の油揚げ」です。
通称「あぶらげ」といいます。
栃尾のあぶらあげにも美味しい水は欠かせません。
刈谷田川の上流に刈谷田ダムがあります。守門から流れる清流をここで管理します。
そして、その清流は取水口を通り、栃掘村にある浄水場に運ばれます。
つまり浄水場には家庭の水は全く入らないのです。
各家庭に運ばれる栃尾の水は生活雑排水の入らない全国でもまれな地域です。
刈谷田川上流にて魚釣りが楽しめるのも栃尾の誇れる自然環境です。
美味しい水で作る栃尾の油揚げ、お豆腐はまさに生きていると言えるでしょう。

6月3日 とちお自慢市 場所:とちお道の駅 時間:10時~15時
とちお自慢市には特別な巨大あぶらげが揚げられます。
皆様、ぜひお出かけください。





2018年5月30日水曜日

6月3日はとちお自慢市です。

 
 



とちおの自慢は緑豊かな自然と水。
そして栃尾の自慢といえば「栃尾の油揚げ」です。
通称「あぶらげ」といいます。
栃尾のあぶらあげにも美味しい水は欠かせません。


刈谷田川の上流に刈谷田ダムがあります。守門から流れる清流をここで管理します。
そして、その清流は取水口を通り、栃掘村にある浄水場に運ばれます。
つまり浄水場には家庭の水は全く入らないのです。
各家庭に運ばれる栃尾の水は生活雑排水の入らない全国でもまれな地域です。

刈谷田川上流にて魚釣りが楽しめるのも栃尾の誇れる自然環境です。
美味しい水で作る栃尾の油揚げ、お豆腐はまさに生きていると言えるでしょう。


6月3日 とちお自慢市 場所:とちお道の駅 時間:10時~15時
とちお自慢市には特別な巨大あぶらげが揚げられます。
皆様、ぜひお出かけください。


豆撰からのおしらせ 6月3日豆乳ソフトクリーム50円割引いたします。

 

2018年5月25日金曜日

栃尾散策 道院へ






さわやかな風が頬をなでる。
山道にはチゴユリ、キスミレたちが笑っています。
タムシバは終わりに近ずいていました。それでも栃尾の街から比べたら、
まだまだ若葉が楽しめます。
写真は後にして、大きな前掛け袋に、長ぐつスタイル。
山道を歩く格好は仕事人。
さて、キョロキョロと見渡すものの、それらしきものは?
最初の一本は山道沿いに夫が発見。私はポキッと折って、前掛け袋に入れる。
夫は茂みに入って行きました。
私は、道なりに歩くのみ。二本目発見。
されど、もう見当たらず、あきらめたところ、道の真ん中にニョキッと曲がっている
小さな根曲がり竹を見つけました。
これで三本ゲット。
それからはまったく見当たらず、私は車を止めておいた池に戻ることにしました。

池から望む、守門岳の雪は随分少なくなっていました。
ベンチでたった三本を眺めている私。
しばらくすると、夫が戻ってきました。私の三本を見て
全くの役立たずだとは言いませんが、目がそう言って笑っていました。
夫は前掛け袋に半分くらいの収穫です。今夜のおかずはこれで大丈夫。
今日も自給自足生活です。
栃尾の五月は気持ちがいい。
道院高原もこの季節が一番かしら
一昨年は、母と一緒でした。
ウツギのピンクに想いを重ねるながら下山しました。






2018年5月22日火曜日

素敵なお友達と過ごす栃尾の自然






先日のこと。「豆撰にお邪魔します」と長岡のお友達からラインをいただきました。
そして、「山菜はどこで買えますか?」
この季節ならまだ間に合います。
早速、私はお友達に連絡、私がご案内いたしました。

耕作放置された我が家の畑には蕗や蕨がにこにこ、にょきにょきと顔を出しています。
お友達のご夫婦は、「何十年ぶりかしら」と歓喜の声をあげて
蕨とりに夢中です。
それから、私?の植えたジャガイモ畑を見学、うどはやわらかいところ採って
てんぷらに、アスパラも少し…と大喜び。
お昼は豆撰の健康コロッケ入り栃尾寿司弁当を持って、山の家に行きました。
食後に、お父さんから終わり初物のような筍を採ってもらうことにしました。
お友達の希望で山坂のある竹林にもお連れしました。
そこから望む守門岳の青と白のコントラスト。
今年一番の美しさを見ていただくことができて、
どんなに私が嬉しかったかおわかりいただけるでしょうか。
サンショウの葉やミョウガも少し摘んでもらうことができました。
栃尾をご案内し、自然を楽しんでいただき、豆撰お弁当を食べていただく、
これこそ、究極の至福であり、豆撰で働く喜びでした。

皆様もいつでもお声をおかけください。
栃尾と豆撰をご案内させていただきます。