2017年11月21日火曜日

編集の力 レミングスの夏

昨年茨城で先行上映を観た、「レミングスの夏」。
そして先日、長岡アジア祭主催のこの映画を再びスクリーで観ました。
一言で言えば生まれ変わっていました。
 何がどう変わっていたのかと問われたら
困ってしまいますが画像の一コマ一コマが生きていて、
主人公を含めた子供たちの表情がとてもいいのです。
引き込まれていくのです。
編集の力が作品を押し上げています。

五藤監督の舞台挨拶の中
子供たちの計画だから、そこには少し幼稚な部分が見える撮り方をしたそうです。
原作を見通した、感性は脚本家であり映画監督だからでしょう。
そしてそこに五藤監督の優しさが感じられます。

映画とは不思議な力を持っています。
記録であったり、希望を感じさせたり、人としての生き方まで
考えさせてくれるのですから。


2017年11月17日金曜日

老婆の見つめる雪景色






母を見舞った帰り道

遠くに見える守門岳は薄化粧をして、とてもきれいでした。
そこで、栃尾坂通りの山田町公民館前に立ち寄ってみました。
老木の桜の木が3本あります。
木と木の間に映る守門岳を
杖を突き、腰を曲げた老婆が眺めていました。
さっき見舞った母と重なって・・・・・・。

2017年11月16日木曜日

まだまだ早いのに守門だけは白くなってしまいました。

 まだまだ早いのに守門も前山も白くなってしまいました。

クリスマスにちょっと白くなり、サンタさんがソリにのってやってこれる
程度が理想なのですが・・・・・・。


お歳暮の季節です。
豆撰のお歳暮チラシとお手紙です。
もう届いているかもしれません?
届いていない方
豆撰の品物にご興味のある方
お届けいたします。
お問い合わせ・・・0120-05-5006

ネットはこちら豆撰のお歳暮

豆撰の御歳暮2017

2017.11.15



お待たせいたしました!

豆撰の御歳暮2017お届けいたします。









11月30日までのご予約キャンペーンは

「ありがとう豆乳プリンセット」

通常価格5,300円が11月30日までにご予約いただくと

特別価格5,000円(消費税・送料込)でお届けいたします。

日付指定していただければ12月の発送も可能です。

 







12月20日までのお客様感謝キャンペーンは

新潟産・栃尾の油揚げ10枚たれ付セット

通常価格4,180円が12月20日までにご注文いただくと

感謝価格3,900円(消費税・送料込)でお届けいたします。

 



 


冬の新商品はハーフサイズのロール巻きが入った

お楽しみセット2017冬ver. 4,780円(消費税・送料込)



【3D冷凍】 お店の味をそのままお届けいたします

・栃尾産大豆100%栃尾の油揚げ5枚

・あぶらげロール巻き(小)2本

・絹揚げと鶏肉の栃尾だんご1袋

・甘みそ1袋

・専用だし醤油「和」3袋







お電話でのご注文は

☎0120-05-5006(9時~18時)

FAXでのご注文は0258-53-2177

ご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご注文お待ちしております♪




年内のお届け希望の場合は、12月20日(水)までにお申し込みください。
冷凍商品はお年始にお届けもできます。
手づくりのため、数に限りがございます。お早めにご注文ください。




2017年11月12日日曜日

想いでポロポロ





母を見舞う前に立ち寄りました。
数年前に母と叔母を連れてきた時よりも
紅葉が色あでやかです。
母にこの色を見せてやりたかったと思った瞬間。

「ばあさんときたことがあるぞ」と天から父の声が
私の心に聞こえてきました。

父と母が一緒だったように
私は夫から写真を撮ってもらいました。

2017年11月7日火曜日

63回目の記念日

いつもより、忙しい日だった。
面倒なことは先送りしてしまう性格に拍車がかかり。
もうこの日しかないと
どん底にならないと、仕事をしない罰が
よりによって、63回目の誕生日だった。
仕事のけりがつかないまま帰宅する。
刺身と焼き鳥と白ワインでささやかに乾杯。
振り返ることもせず、と言って未来を考えることもなく
満腹感でうたた寝をする。
これでは体重は日々増加するも当たり前。
風呂に浸かり
ちょっと考える。
月に一度一人旅をしようか
電車の中はとても自由な時間だ。
寝ていようが、本を読もうが、ネットを見ていようが
私の勝手である。
この自由を月一度計画してみようか。
その前に、なんとかしなければならこともある。
体重増加をこの辺で食い止めないと大変なことになりそうだ。
よし、三日坊主でもいい。
明日から、歩いて豆撰に行こう!

これが63歳の記念日だ。
ちょっと味気ない。と情けないが重なる。

2017年10月25日水曜日

生きていることは食すること!食することは生きること!

母の飲みこみ練習を再開してから
2週間が過ぎます。
口からものを食べるということは
私が想像していた以上に脳の刺激、活性化につながるようです。
発熱のために飲み込み練習は中断し、そのうえ私たち姉妹の名前も
わからなくなり、まるで反応がない日々が約1月続いた時
私の脳裏に浮かんだ文字は「あきらめ」でした。
高齢です。もう最善を尽くしてきたのだから、仕方がない事と
思い始めていたのです。
でも、妹はあきらめることなく、医師にお願いし、飲みこみ練習の再開が
始まったのです。
そしてその結果、動かすことのない口をあけるようになりました。
ほんの3匙程度を飲み込むのに、15分から20分もかかります。
それでも、あきらめず取り組んでもらうと
今日は、「右手が痛い」「和子」「礼子」「足が痛い」と
言えるようになったのです。
看護師さんに「甘い?しょっぱい?」と聞かれると
「あまい」と言いました。

生きていることは食することです。
食することができると喜びが生まれます。
喜びが生まれると希望がでてきます。
母を見ていると人生勉強のように思えるのです。
看護師さんひとり、ひとりに特徴があります。
最近はそのひとり、ひとりの特徴を個性として感じることができる余裕が生まれました。

「栃尾の油揚げは絶対同じものができないよね。
看護師さんも豆撰のスタッフも同じだね」
こんな話をしながら豆撰に帰りました。
1を話し10を学ぶ人もいます。
10を話すとなかなかのみ込めなくゆっくり、マイペースの人もいます。
でも、繰り返し繰り返しあきらめることをしなければ
必ず10を学ぶことができるようになると思いました。
私自身も、もう歳だからと言い訳せず前向きに頑張ってみようかな?
と母を見て思いました。


2017年10月21日土曜日

私の見た被爆ピアノ










長岡のアジア映画祭の菅野さんと被爆ピアノの持ち主の矢川光則さんのおかげで
栃尾でも被爆ピアノコンサートを開催できるようになりました。

私が被爆ピアノにふれたのは今から4、5年前に遡ります。
東京での飯島晶子さん主催の被爆ピアノコンサート、
被爆ピアノの奏でる音色と飯島さんのナレーションは
平和への願い「希望」のように思えました。

そして、被爆ピアノへの想いは、矢川さんと五藤監督に託され
来年映画化されるとお聞きしています。
映画「被爆ピアノ」は私たちに何を訴えるのでしょうか
そして私たちに何を考えさせてくれるのでしょうか
今からドキドキワクワクです。


今回、栃尾教会でピアノを奏でる方々は
中学生、名古屋からわざわざお越しの方、教会の方
豆撰の子供(スタッフのお子さんはみな豆撰の子供です)

ピアニストの方ではありませんが
彼らの弾く音色は、被爆ピアノと心が一緒になり
平和への連弾になるような気がします。


11月18日夜6時半開場です。
栃尾のみなさん、長岡のみなさん、新潟のみなさん
是非、お越しください。