2020年3月31日火曜日

桜の花びら舞う



鳩峰にお友達とご一緒に上る。
話題の中心は新型コロナウィルス。

やっぱり「志村けんさんの死亡」ニュースである。
日本人にとってはかなりのショックである。

初めての主役映画はとても楽しみだった。

山のてっぺんのテーブルに
桜の花びらが落ちている。


来年、再来年、その次の年も
この場所に立てるだろうか。

栃尾の街を見下ろし
日本をはじめ、イタリア、世界から
コロナウィルスがなくなりますように。








2020年3月30日月曜日

しろくまのパンツ

リアルタイムで孫と一日に一回
アイパッドを通して会話。
家から出られないイタリア家族の生活は
いろいろなと大変だと察しが付く。

夕べの娘と孫の会話
「ママ、ウィルスこまったね。おともだち
きっと、わたしとあえないからエンエンしてるよ。
ババジジもこられないよね。ウィルスいったかな」

3歳にならない孫の会話にウィルスという言葉が
何回も飛び出す。


娘の提案で
絵本のビデオを撮ることにしました。
今日は
「しろくまのパンツ」です。
なかなかいい絵本です。2回読んでみました。
保育園時代を思い出し読んでみました。
孫は大喜びで、二回目のリクエストが届きました。

今親として、祖母としてできることのひとつです。
孫の感性を育みたい。そして心の安定を望むのみです。

こんな生活を誰が予測できたでしょうか。
ウィルスはなぜ現れたのでしょうか。

2020年3月29日日曜日

常備食を取り揃えて






最近、新型コロナウィルスの影響でしょうか?

関西方面で「厚揚げと鶏肉の栃尾だんご」が人気です。


絹豆腐を揚げて「絹あげ」を作ります。
出来上がった絹揚げにひと手間かけミンチにします。
そこに、新潟産の若鳥のももひき肉を加えて
だんごを作ります。

丸めた、だんごを菜種油で揚げます。

揚げた、だんごに当店秘伝のたれをつけて完成。


常備食に取り揃えていただけますか?
今日のブログは営業でした。 
それにしても困ったものです。
孫も「ババ、イタリアもこまったよ」と切ない顔で
話します。
いつになったら、外に出れるのやら・・・・・・。

2020年3月28日土曜日

魔女の宅急便と孫

ジブリ映画の代表作の一つ「魔女の宅急便」を
今朝はじめて観ました。

えっ、何?
これって、キキは孫のこと。
孫はキキってこと。

箒にまたがって、紫のワンピースに
赤い大きなリボン靴も赤。
去年の秋、
日本にやって来た孫にそっくりなキキ。
箒をなぜたたくのか
箒が飛ばないから、怒っているの?

ああ納得です。


最近、娘から送られてきた映像では
イタリアの広場の高い塔を見上げ
「キキが来るのを待っているの」と
娘を困らせていました。

黒猫のぬいぐるみの名前が「ジジ」だということ。


今日初めて解明しました。

この映画の舞台がヨーロッパだから
孫の住んでいる街と似ているから
孫はキキになりきっているのでしょう。

2歳の孫、もうじき3歳になりますが、
そして65歳のババ。

私は仕事仕事で娘と一緒にジブリ映画を観ることは
ありませんでした。
今日初めて「魔女の宅急便」を観て
親子3代に夢を与えてくれるこの作品の素晴らしさをかみしめています。

もしかしたら、世界中の女の子はキキを経験しているかもしれない・・・・・・。



2020年3月27日金曜日

大根ケーキに拍手喝采

アイパッドの向こうから
「ジジおめでとう。ケーキは?」

だって栃尾の街にはケーキ屋さんが1件しかないの。
それに予約じゃないと御誕生日ケーキは買えないの。
アイパッドの向こうで待機していた孫の落胆は大きく・・・・・・。
それを見ていたジジは私を責め立てる・・・・・・。

ジジついに怒ったのか席を外す。

数分後、大根の上にリンゴを並べ
真ん中に仏様のろうそくを立てて登場。

画面を通してみればまあアップルケーキに見える。
灯をつけて
孫とジジはふーっと息を吹く。

パチパチと手をたたく。
嬉しい?68回めの誕生日。

2020年3月26日木曜日

春の川  



今日もコロナ騒動の会話からはじまった。
気が気ではないです。
たったひとりの娘なのですから。

もしイタリア家族に何かあっても
私たちは飛んでいくことはできないのですから
こんなに便利な世の中になったのに


お昼休みに城山に上る。

登りはじめに見える西谷川、その向こうに粟がくっきり見える。
とても、この世界がコロナ騒動で
大変だなんて思えないのんびりとした風景に
足を止める。

ハアハア、ゼイゼイと乱れる呼吸を
脳で感じる。
なんだか、もやもやを吐き出しているようだ。




2020年3月24日火曜日

日本とイタリアをつなぐ

ほぼ毎日、イタリア家族と会話する。
リアルタイムでおしゃべりできるのだから
本当に便利な世の中になったものです。

昨日の夕食に姪っ子が作ってくれた
餃子がたくさん届きました。
「ヤッター」と夫に焼き餃子をお願いしました。

さあ、リアルタイムおしゃべり時間のはじまり。
食卓に並んだ我が家の餃子を見て
孫は
「私も餃子好きだよ」と話す。
すると娘が
「餃子の皮はないけど、じゃあ皮もつくろうか」と
孫と相談している。

コロナ騒動で、なかなか大変なイタリア家族を見ていて
心配ばかりしているが
娘親子のできることを頑張っている姿に
母としての成長を感じる。
ベランダに、ゆたんぽで炬燵をとってのテント生活遊びも
実に楽しそうでした。

いつの時代も母は強し!