2018年5月2日水曜日

栃尾の母ちゃん、ばあちゃんの味です。





「赤こがね」ができるまで・・・・・・。


栃尾に住んでいる方ならだれでも知っている栃尾名物といえば「あぶらげ」です。
あぶらげは「ジュー」と音がするくらいのアツアツに醤油をかけて
アチチチと食べるのが一番おいしいこともみんな知っています。
ところが、通常あぶらげやさんは朝が早い仕事です。夜も明けないうちから
黙々とあぶらげつくりをします。
揚げたてのあぶらげは早起きさん以外は食べられませんでした。
(豆撰では朝9時から夕方4時までお召し上がりいただけます)
だから、あぶらげといえば「煮つけ」だったのです。
口の中にシュワーと美味しい出汁が広がります。
これこそ、栃尾の母ちゃん、ばあちゃんの味でした。
あぶらげの煮つけは最高の栃尾郷土料理でした。
でも、
あぶらげの食べ方をお客様に尋ねると
「焼きます」と10人中10人が答えるのですが
ふるさと名物はやっぱり「栃尾の油揚げ煮つけ」です!
そこで、煮つけ料理が苦手な方のために
安心安全な出汁を使って豆撰であぶらげの煮つけを作ろうというわけになったのです。
「鰊」の煮つけも栃尾の郷土料理のひとつです。
鰊特有の臭さを取り除き、鰊は鰊で分けて煮て
あぶらげの上にのせました。まるで黄金あぶらげ のように。

今回は豆撰、栃尾の油揚げ誕生記念に、とちおの郷土料理を
お届けしようと企画しています。
この機会にぜひ、ぜひ栃尾の母ちゃん、ばあちゃんの味をお楽しみください。


0 件のコメント: