2010年8月12日木曜日

お墓の掃除

高校野球の終わった甥っ子に「明日はお墓掃除に行くから5時半にお墓に来てね。」と頼んだら「わかった。」の返事、半信半疑でお墓に向かうと、自転車に乗って私より先に小高い丘にある墓地に向かっていました。たくさんのお墓掃除の人たちの中で、高校生は甥っ子一人です。私と甥っ子で無言で草むしりをしました。亡き父が「おありがとう」と言っていました。父の自慢の甥っ子は今度は私の自慢の甥っ子になりそうです。

栃尾の油揚げお取り寄せ、栃尾の油揚げレシピは豆撰

4 件のコメント:

kikuko さんのコメント...

こんにちは。
お墓掃除は終わったあと、責任を果たした達成感で満たされていい気分になります。これもご利益かも知れませんね。
甥っ子さんいい子ですね。いまどき少ないですよお墓掃除してくれる子なんて。

れいちゃん さんのコメント...

kikukoさん こんばんは。いつもコメントありがとうございます。いまどきの子供じゃないほど、優しい子なんです。

MIYABI さんのコメント...

こんばんは。
私の家の前の道路は駅に向かう学生達の通学路になっています。なかで私を見かけると元気よく挨拶してくる学生がいます。朝から気持ちよくさせてもらっています。大きな用具入れのバックを肩に掛けていますので、多分学校でスポーツクラブに所属しているのでしょう。甥っ子さんも高校球児。頼もしく感じます。

れいちゃん さんのコメント...

miyabiさんおはようございます。
大きな挨拶は気持ちいいですよね。元気な声はようし、がんばるぞと聞こえたり、元気ですかって聞こえたり受ける側の心も晴れ晴れしますね。甥っ子は毎日今は自動車学校
「おばちゃんおはよういってくるね」って朝必ず私を見つければ声をかけてくれます。