2010年8月29日日曜日

健康に感謝する


ようやく体調が回復しました。3日間スイカだけで過ごし、これではもう限界と感じ、点滴を受けました。すごい回復力です。翌日から御飯が食べられたのですから。この夏風邪は本当にひどかった。あまりのつらさで、死んだ父や叔母を思い出しました。病院のベットで「食べたくない、もういらない」とささやいた声が思い出され、人間は食べてこそ健康と食べられることは「生きる」ことと実感しました。今日はとちお祭り最終日です。市街地にて仁和賀行進、中央公園で樽みこし綱引き大会、夜は花火です。花火会場は豆撰の裏山です。写真はききょうです。あたりまえの色ですが人を想うような色を感じます。


敬老の日、お誕生お祝い、内祝いに新潟栃尾の油揚げはサプライズです。

2 件のコメント:

kikuko さんのコメント...

れいちゃん、こんばんは。
元気になられて良かったです、健康は何事にも変えがたいありがたいものですね。
中国のお話、勉強になりました。
たいていのご家庭がこういう感じなのでしょうね。
でも彦さんのお宅は水道やガスがなくても家畜も多くて台所もきれいです。まじめに一生懸命生きていらっしゃるようにお見受けしました。

れいちゃん さんのコメント...

kikukoさん おはようございます。またブログみてくださってありがとうございます。うれしいです。比較的きれいな方かもしれません。でも、やっぱり新潟産にこだわりたいと想います。特に食品は。