2010年9月18日土曜日

老人痴呆症について

実母は私たち娘が忙しくなればなるほど、一人の時間が多くなって、無口な母にとっては、ますます記憶や思考回路が切断されてしまいます。計算は身についているのか、結構簡単に出来ますが・・記憶の回路が徐々に破壊されてきているような気がします。仕事の合間の数時間の介護では限界を感じます。つい「自分の孫の名前がわからないの?」と大きな声を出してしまいます。悪い事と知りながら。ヒントを与えると答えられます。この徐々に破壊されている回路を復活させたい、仕事はしたい。家庭はある、義母は最近畑仕事の後遺症で腰が痛いと訴えます。まるで四面楚歌です。さて今日一日私の休日はどうすごしたらよいか、そうそう、今日は残りの稲刈りもありました。

9/19は栃尾の謙信公祭です。栃尾の油揚げを食べ、謙信公祭へ足を.向けてはいかがでしょうか。

8 件のコメント:

kikuko さんのコメント...

れいこさん、おはようございます。

老人たちが一様に長生きになってきて大変なのは子供たちですね。痴呆は治せないけど進行を遅らせることは出来るようですよ。出来ることをひとつずつ、、、無理しないようにご注意ください。

ヨシムラ さんのコメント...

確かに深刻な問題ですよね。
以前、薬大の講演に行った時に、歯科医が在宅で歯のケアをするというテーマの話しがありました。

ご存知のことと思いますが、歯を磨くというのは刺激になるようで、痴呆が少し回復したと言っていました。また、歯でものを噛むという事も刺激になるそうです。

みなさんで無理なく、みなさんが倒れないようにご自愛して下さい。

れいちゃん さんのコメント...

kikukoさんありがとうございます。やっと一呼吸ついたところです。でも今日は、客人のお茶を入れ、米もとぎ、皿洗いもしました。無理しないで徐々にですね。

れいちゃん さんのコメント...

ヨシムラさん こんばんは。知らなかったです、噛むことが大切なのは知っているのですが・・・歯を抜くことが刺激とは、びっくりしました。ありがとうございます。

hitoshi さんのコメント...

こんばんは。

家の両親も、かなりボケが進んでいます。
しかし、鬼息子のうおぬま屋は、現役で仕事をしてもらっています。(^^)

介護は、どう手を抜くかが肝心だと聞いたことがあります。
それと、専門家に相談するのも良い方法だと思います。
デイサービスなんかも、介護者、お年寄り、双方の気分転換になるらしいですよ。

MIYABI さんのコメント...

こんばんは。
長寿社会では避けては通れぬ深刻な社会問題ですよね。最近になって、私の母親の友人に痴呆の始まりの様な症状が出始めたようで、そのお宅でも初期の手立てを、いま一生懸命にされておられます。特効薬がない以上、先ずは現実を直視することからなんでしょうか。

れいちゃん さんのコメント...

hitoshiさん ありがとうございます。
鬼息子・・とんでもないやさしさを感じます。現役でお仕事させるって・・本当に辛抱ですものね。
店番は出来なくっても、見習ってみます。

れいちゃん さんのコメント...

miyabiさん おはようございます。
本当に現実を受け止め、切り抜け、自分も気を休める時間をつくりたいとおもっていますが・・・。なかなか・・。