2021年4月13日火曜日

信じられない




一生懸命に生きた友が逝ってしまった。

正しいことを訴え続けたのに正義が勝つとは

限らない。

それでも友には多くの友がいた。特に身内以上の

友が悲しみの中で弔っていた。

素晴らしい友だ。

ご高齢の父親を残して逝ってしまった。

父親は娘の倒れた日に鯛菓子を作ったと聞いた。

鯛の木型に娘のいのちを助けて欲しいと

願ったのだろう。

お菓子を買いに行くと

礼子さんありがとうございます。と必ず

何かひとつおまけを入れてくれた。

今度、4人で泉慶さんに行こうねと約束していた

のに果たせなかった。

亡くなったのは事実で白い衣装を身にまとってい

ても、あなたが死んでしまったなんて信じられな

い。




2021年4月11日日曜日

少年時代へタイムスリップ













3組の老夫婦一泊旅行に

福島方面に行くこととお花見をすること以外は

頭の中に入っていない旅である。

Kご夫妻が長年仕事で通った町と村の散策

をする。喜多方の枝垂れ桜はまだ若いが

並木は果てしなく続き壮観だ。

お宿はこじんまりとしているが小洒落た作り。

全く密にならない秘境の宿に安心。(湯野上温泉)

お部屋にかけ流し温泉風呂がついているのも嬉し

い。翌日は早めに宿を出て大内宿へ。

茅葺の家が両脇に並ぶ。小川が流れていて

あさつきを洗っている人に出会う。

福島なまりに飾らない、ひと昔前の人情を感じ

る。

それから昭和村へと向かう。

随分人里を離れ、くねくねの山道を走る。

新緑にはまだ早いが自然林を抜けて行く。

そこに昭和村があった。現代風の建物は一切な

い。忍者村のようにひっそりとして

いる。たった一件だけ民家とは違うレストハウス

がある。

大芦家のそばとあんこもちとコヒーの3点

セットには脱サラし、秘境の地で営むご夫婦の夢

と心のこもった愛の味がいっぱいだった。

お腹もいっぱいになり最後の目的地に向かう。

k夫妻の生徒さん、ももちゃんに会うために。

ももちゃんは床屋さんだった。

そしてももちゃんは80歳を過ぎていた。

一枚の写真を見つける。

映画「おかあさんの被爆ピアノ」の監督から

いただいたDVD「少年時代」の楽譜のパネル。

ググッと込み上げてくる。私は少年時代に

飛んでいった。

いよいよクライマックス、廃校になった喰丸小学

校である。校庭には大きな銀杏の木がある。

木造校舎に入ると昭和のにおいがする。

廊下の板、階段の踊り場、だるまストーブ、

机、どれもこれも懐かしく、そこには60年前の

私が立っている。

戦争は知らないけれど、目を閉じればふたりの少

年の顔が浮かぶ。

もう一度少年時代を観ようと思った。

お友達の想い出の地を訪ねる旅は粋なものだ。









2021年4月9日金曜日

お墓はステキな楽園

 


義父の納骨も近づいてきたので

お墓の様子を見に行ってきました。

するとカタクリの花がお墓を囲んで

います。眠っている人たちはいっせいに

眠りから醒めてカタクリの花と楽しそうにおしゃ

べりしたり、手を取り合って踊ってたり、お化粧

をしています。

ここはお墓の楽園でした。






2021年4月5日月曜日

内緒だよ ババだけにお話しするの




いつものiPad交信

居間からキッチンへの入り口の戸を閉めて

孫が言いました。

「わたしはレオナルドがすきなの」

ママとパパに聞かれたくない大人並みの行動に

びっくり、笑いを堪えて

そして今日はお絵描きをしながら

「私はレオナルドが好きなの。内緒だよ!ババに

だけ教えたんだから」と言う。

「どこが好きなの」とワイドショー風に聞く。

「だって、遊んでくれるから」

子どもの世界は仲良しが一番らしい。





蓼科の庭と山暮らし



私と 丁度ひとまわり違う山の暮らしを楽しむ

原田きみ子さんから届いた一冊の写真集。

ご縁があって、きみ子さんのキルト展を

豆撰山の家で2年ほど前に開催させていただいた

のがきっかけです。

それからまるで10年来のお友達のよ

うに親しくさせていただいている。

旦那様が栃尾の出身であることも深い縁を

感じる。

一年がかりで撮影されたお庭の花と木

まさに「森は生きている」

そしてそこには

長年連れ添ったご夫婦の愛がいっぱい詰まってい

る。この写真集は愛の玉手箱だろう。

こちらのご夫婦そしてそのお仲間の素晴らしとこ

ろは、誰にでも笑顔でおもてなしをしてくださ

る優しさである。

白髪の貴婦人きみ子さんは森の妖精です。

私の憧れの人です。





2021年4月3日土曜日

やれやれ 探し物に1時間!

 



今日の私

朝はいつもより遅く5:30に目覚めた。

お掃除手抜きが始まって、早5ヶ月。

理由はピアノ朝練にある。

そこで土曜日はお掃除をすることに今日の朝決め

る。そして朝活はふきのとう採り。

かくして「今日は好きな缶詰を選んでください」

と朝食の手抜き!

豆撰に行く前に私の思い出桜を撮影しよう

とデジカメを持って木村邸の前に、シャッターが

下りない。電池切れ!仕方なく携帯で撮る。

さて仕事場に!今日はお友達の写真集完成パーテ

ィー。その前に関原なじらあてにて店頭販売の

お手伝い。それからお友達宅に。

久しぶりにお会いするお友達は絞りのお洋服に

メロー色のアクセサリーとイヤリング。

貴婦人のようだ。お友達の輪は凄い。お料理の、

縫製の、音楽のプロ揃い。

それに、豆撰では最年長の私はこの集まりの中で

一番の若いのですが

皆さまは私を遥かに超えて生き生き人生の

真っ最中!

おしゃべりは尽きることがないが、腰を上げて

ご機嫌よう、またお会いしましょう。


車の運転が苦手な私に、なんたることか

交差点で3人のポリスが立って誘導しているでは

ありませんか。

私はまっすぐ進みたいのに、左折指示。

通ったことのない道をぐるぐる。そして渋滞。

ナビに救いを求めるとなんたる事。見附周りルー

トを指示。ナビは無視。長岡駅方面の看板を頼り

に進む。45分の道のりが1時間半もかかってし

まう。やれやれ、そうそう充電器を探さないと

カメラの袋に入っていたはずなのに

ない、ない。探すこと1時間。カメラの袋に入っ

ているはずなのに???

落ち着いて、よく思い出して。

やっぱり袋に入れていたはず。もしかして車の中

か?

ありました車の中!認知症にまっしぐら!

重要追加

今日は携帯をピアノの上に寝かせて

出かけていました。





2021年4月1日木曜日

配達と称して寄り道



 木曜日は大忙しです。

ババちゃんの気まぐれお弁当配達と

通常配達とてんてこ舞いなのです。

と言いながら働く女性の大先輩のお宅に

配達と称して、お邪魔しました。

玄関先で枝垂れ桜のお出迎えに

満点の笑みがこぼれ、

美味しいミモザケーキとコーヒー。

チクチク手作りコースターの角に房がついていて

おしゃれ!

お番茶に懐かしい「あじろ」のお菓子。

ステキな堆朱の茶托に藍色の器は上品で

おもてなしをしてくださった方の品性があふれて

いました。

おしゃべりはつきません、お互いに外国住まいの

娘と孫談義!(悪口を含む)

コロナ禍で海外に行けない、来れない

切なさも共通の話題。

あっと言う間に時間は過ぎ、

なかなか腰が上がらない。

帰り際には手作りかすりの小さな小物入れをいた

だく。

今日も感謝感謝の一日でした。